PDCA研究所 (根拠のある情報をメインに検証した結果をご紹介)

本やその道のプロから得た知恵を検証し、主に検証結果を紹介する媒体です。

人生で成功を収めるのはギバーか?テイカーか?[自分診断付き]

今回は、人に与えるギバーと人から受け取るテイカーのどちらが、人生において成功を納めることができるのかをお話したいと思います。

 

参考本:「Give and take」

 

 

①ギバー・テイカー・マッチャー

 

大前提として、仕事において成功する要素(才能、努力など)はたくさんありますが、その中でも重要なポジションを締めるのが、ギブアンドテイクに関わる性格だとアダム・グラントは伝えています。

 

さらに自己啓発本のように、変わりたいなら本に書いてあることを実践し努力しなさいなどというようなことは言っておらず、逆に自然体でいることを説いたのです。

 この本を読めば、自然と良い方向に向かうからだと言う話でした。

 

これらのことを念頭に置いて、続きを読んでみてください。

 

人は必ずしも、ギバーかテイカーのどちらかに分けられるわけではありません。

マッチャーと呼ばれる、相手に合わせギブとテイクを使い分ける人もいます。

 

冒頭の疑問に対しての結論を先に言うと、

ギバーが仕事や私生活において、最も成功すると言われています。

ある調査によると、仕事において成績トップはギバーの人でした。

 

簡単にギバーがなぜ成功するのか説明すると、信頼を獲得して、その信頼が大きな仕事を産むからです。はじめは信頼を獲得するのに自己犠牲が必要ですが、いつの日かそれが何倍にもなって返ってくるだけでなく、人から妬まれる心配もありません。

 

それに比べてテイカーは、自分が成功する変わりに誰かが悲しむことになるので、妬まれやすいのです。

 

ただしテイカーやマッチャーの性格の人でも、大成功している人は一定数います。

 

さらに仕事において成績が最下位だったのも、ギバーだったのですここで言えることは、ギバーは人生の大成功を納める可能性もあるが、大失敗に終わる可能性もあるので注意が必要だということです。

 

 

②ギバーが大失敗をしないためには

 

ギバーが大失敗する時は、イカーに搾取される時です。

 ギバーの敵はテイカーで、テイカーは悪びれることもなく、ギバーからもらえるもの全てを奪おうとします。

 

当然ですよね。テイカーにしてみたら、こんな良いカモはいません。

 と言うことは、イカーに搾取されないようにすれば良い訳です。

 

そのためにまず、ギバーとテイカーの違いを見分ける必要があります。

 

そしてテイカーがギバーに対して何かを求めてくる時は、マッチャーになるのです。と言うのは、相手が余分に奪おうとしてきたら要望に答えないと言うことです。

 

ギバーとテイカーをどうやって見分けたら良いのか気になりますよね?

実は、ギバーとテイカーを見分けることはなかなか難しいのです。明るく気さくな人でもテイカーはいますし、暗く内向的な人でもギバーはいます。

 

なので自分の直感を信じて判断するのが1番だと言っています。直感の精度はとても高いからです。しかし直感でもわからない場合があると思うので、はじめはギバーとして振る舞い、途中おかしいことに気づいたらマッチャーになるのです。

 

これでギバーはテイカーから搾取されずに、大失敗をしないギブが可能になるのです。

 

③まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回はこの本の一部しか紹介しませんでしたが、具体的なギバーの行動特性や、メリットがたくさん書かれています。

 

本を読む前に、自分がギバーなのかテイカーなのか知りたいという方のために、アダム・グラントのホームページ上にある診断ページを貼っておきます

(*15個の質問に答えるだけで結果がわかり、5分程度で完了します。)

https://www.adamgrant.net/

 

 さらに英語でわかりにくいので、「アルパカのハンドバック」さんの記事を参考にしながらやってもらえると簡単に操作が可能です。

http://whyimoeat.blogspot.com/2017/08/self-giver-taker.html

 

それでは!!