PDCA研究所 (根拠のある情報をメインに検証した結果をご紹介)

本やその道のプロから得た知恵を検証し、主に検証結果を紹介する媒体です。

2社のエントリーで大手コンサルティングファームから内々定をもらえた訳{就活生必見}

f:id:yuyamakun:20190522225246j:plain


今回は、私の就職活動についてお話ししたいと思います。

 

2020年度入社で今年の2月には内々定を貰っていました。

 

実は、私は2社しかエントリーしなかったのですが、その内一社に内々定をいただき、もう一社は最終面接まで行くことができました

(どちらも大手コンサルティング企業です。)

 

しかし、決して適当に就活をしていたわけではありません

 

大学3年次(就活3年前)には、

ベンチャー企業の長期インターンに参加していました。

(これは早く働きたい気持ちから行動したので、就活は意識していませんでしたが。)

 

私が就活を始めたのは、就活の2年前からです。

(薬学部なので3年生の時。)

 

就活と言っても本格的な選考ではなく、インターンに行き始めたり、戦略を立てたりです。

 

1年前には自己分析や業界分析、企業研究を行い、事前準備に力を入れました。

 

その結果、当初の予定より早く内々定をもらえ、楽に就職活動を終えることができました。

 

ポイント①  気持ちに余裕をつくる!

 

就職活動は内定の取り合いです。

 

みなライバルで、周りに内定が出始めると大変動揺します。

 

そして人生がかかってくるので、プレッシャーがすごいです。

 

プレッシャーに強い方は問題ないですが、

あまり自信の無い方は早めに戦略を立て

周りに流されず、

一貫性を持って就活を行なってください。

 

そうすれば、必ずどこかは取ってくれると思いますよ。

 

戦略の立て方に関しては、この記事を参考にしてみてください。

 

www.yamachan.life

 

 

ポイント②  有名企業ばかり見ない!

 

私の周りでは、

有名企業しか見ていない人がほとんどでした。

 

有名企業は売り手だからこそ人気が集中し、競争がとても激しくなっています

 

なので、有名企業一本に絞るのはとてもリスクです。

 

有名企業以外のインターンなら選考がないところが多く、

グルディスや会社の方と話す良い練習の機会になります。

 

さらに、有名企業以外でも素晴らしい企業はたくさんあります。

私は宝探し感覚でニッチな優良企業を探していましたw

 

結果、大手優良企業から内々定をいただけたのですが、これは保険を用意していた

ので、落ち着いて挑戦できたおかげだと思っています。

 

 

ポイント③ 面接の準備は徹底的に!

 

私は2社しかエントリーしなかったのですが、

空いた時間はほとんどESや面接の準備に時間を費やしました

 

ESは4日程度かけたものもありましたし、面接に至っては1週間から長くて3週間準備をしました。

 

具体的には、質問されるであろう内容をネットから拾ってきて、

その質問に対する答えをワードに打ち込み、その答えをなんども修正します。

 

次に時間を測って面接のイメージトレーニンをし、さらに修正を加え準備完了と

行った流れになります。

 

注意点として、質問の答えを考えるときは企業に合わせたものを用意しなければならないので、企業研究を徹底的にしてください。

 

 

 

簡単にではありましたが、以上が私の就活の動きと意識していたポイントです。

 

参考にしてみてください。

 

それでは!!