PDCA研究所 (根拠のある情報をメインに検証した結果をご紹介)

本やその道のプロから得た知恵を検証し、主に検証結果を紹介する媒体です。

部屋が汚い危険性[部屋を綺麗にしたい方必見]

f:id:yuyamakun:20190613215642j:plain

今回は、部屋が汚い危険性についてご紹介したいと思います。

 

部屋が汚いかもと心当たりのある方!

 

下の項目に当てはまっていませんか?

 

①自分を出せずにストレスが溜まっている

 

②頭の中が整理されていない

 

③仕事に自信がない

 

実はこれ、掃除の苦手な方に多い特徴なのです!

 

理由と対策を簡単に解説していきます。

①の方の場合、知人の勧めで買ったはいいものの、結局使われずに放置されていたり、人からもらった贈り物がいつまでも捨てられずに、端っこの方に追いやっていたりする習性があるようです。対策としては、マイペースを意識できる部屋づくりを意識すると良いようです。

 

②の方の場合は、自分のやりたいことが整理されておらず、夢を語ることが大好きで、部屋の中が中途半端に始めた趣味の道具で溢れかえっている習性があるようです。対策としては、自分の目の前にあるものに取り組んだり、すでに持っているものに目を向けて磨いてあげることをが重要なのだとか。

 

③の方の場合は、仕事に自信が持てないことが影響してか、自己啓発本が多かったり、能力開発系の本でいっぱいになっている習性があるようです。これの何が問題かと言うと、時間がない中で中途半端に本を読んで、何も得られないことが問題なのです。

対策としては、「自分に何が必要なのか?」を考えるのではなく、「自分には何が不必要なのか?」を考えると良いようです。

 

 

掃除のコンサルタントの方が書かれた本を読んで知ったのですが、

 

その方曰く、部屋が片付けば、頭も整理され、ストレスも発散でき、自ずと仕事も出来るようになるというのです。

 

 

 

私はこの本に出会う前まで掃除が苦手でした。

 

初めから掃除が苦にならない人ってどれくらいいるんですかね?

 

工夫して掃除が好きになった方はいると思いますが…

 

そしてある時上の事実を知ったので、

 

半信半疑で、掃除の習慣を少しづつ付けていきました。

 

具体的には、

まずは断捨離からはじめ、ちょっとした整理テクニックを使ってスペースを作り、洗い物や掃除機をこまめにかけるようにしました。

 

結果、掃除って意外と面白いことに気づいてしまいましたw

 

 Facebookの開発者であるマークザッカーバーグは洗い物をする習慣があったといいます。

 

洗い物はストレスを発散する効果があるらしいです。

 

そして、断捨離は本当に必要なものを選択するので、普段の生活でも応用が効きます!

 

さらに、綺麗な部屋で晴れやかな気持ちで過ごせます!

 

ぜひ、掃除が苦手な方は、

少しづつ始めてみてはいかがですか?

 

それでは!!