PDCA研究所 (根拠のある情報をメインに検証した結果をご紹介)

本やその道のプロから得た知恵を検証し、主に検証結果を紹介する媒体です。

タバコのやめ方を解説!まだ間に合う!

今回は、「3年間1日1箱吸い続けたタバコをやめて1年… 」の続きである、タバコをやめた方法を解説していきたいと思います。

 

前回、タバコをやめる前には、タバコのデメリットをひたすら調べて、念密な計画を練ることの2点が重要だというお話をしました。

 

順をおって説明します。

 

タバコのデメリットを考える

 

タバコのデメリットはあげたらきりがなく、人によっても違ってきます。

 

例えば僕であれば、お金や時間の他に、祖父が肺がんでなくなっているのでガンのリスクもあったり、風邪を引くと風邪が1ヶ月以上続くようになったりと、いくらでも上がります。

 

これ以外にも、自分の知らないデメリットをネット上で検索するなどして、たくさん集めてください。

 

やめたほうが良いとわかれば、モチベーションが湧きますし、自制心も強くなります。

 

 

念密な計画を立てる

 

ここが最も重要なポイントです。

 

私の計画の例を紹介すると、こんな感じです。

 

(禁煙準備開始)

1週目:20本を10本に減らす。

2週目:10本を7本に減らす。

3週目:7本を5本に減らす。

4週目:5本を3本に減らす。

5週目:3本を2本に減らす。

6・7週目:2本を1本、1本を0本にする。

(禁煙開始)

 

いきなり1日1箱吸っていた状態から、翌日から0本にするというのは無謀ですよね、そして何より辛い!(何度もこれで挫折してきましたw)

 

序盤は本数をある程度減らしても数が多いので、問題ありませんでした。

 

最後の方は、1本を3当分して3回吸えるようにして、本数を減らしていました。(こシーンを見られるほど、恥ずかしいことはありません。。)

 

そして、どうしても吸いたくなってしまう時が準備中にも禁煙開始後も出てきてしまうのですが、

 

その場合は何か代替できることを考えてください。

 

私の場合は甘いお菓子でした。ドライフルーツはおすすめです!

 

この他にも、友達から勧められたら断ると初めから決めたり、休憩の時間は将棋をやると決めるなど、できる限り想定できる事態を未然に考えておくと、案外楽に成功出来ると思います!

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

吸う期間や本数が増えれば増えるほど、抜け出すのが難しくなると言われているので、

 

もしやめようという気持ちがあるのなら、早めであれば楽に禁煙出来ると思いますよ。