PDCA研究所 (根拠のある情報をメインに検証した結果をご紹介)

本やその道のプロから得た知恵を検証し、主に検証結果を紹介する媒体です。

日本にいながら留学気分?オンライン英会話を1週間続けてみた結果・・

f:id:yuyamakun:20190125113214p:plain

                   (*このページはBTの宣伝を目的とはしていません。)

今回は前回ご紹介させていただいたBTというオンライン英会話サービスを利用して、1週間英会話をしてみた結果をお話しようと思います!

 

オンライン英会話は少し前から耳にすることが増えた言葉ですが、実際に体験したことがある人は意外に少ないのではないでしょうか?

 

留学経験のあって体験したことのある人は多いと思いますが、留学経験のない人、ある程度英語を勉強している人、勉強したことがある人でも楽しめるものとなっています。

 

1週間オンライン英会話をやってみたメリットとデメリットをご紹介します。

 

メリット①:頭の良い体操になる

1週間英会話にチャレンジしてみて、1番感じたこととして30分足らずの会話なのに、終わった後の脳の疲労感が半端ではないことです。

 

実は英語を勉強したり話したりすると、普段利用していない脳の1部が活性化されるので、脳のトレーニングとしては最適だと思います。

 

そしてその疲労感は辛いものではなく、心地よいものに感じます。なので30分話終えた後は結構な達成感を感じることでしょう。

 

メリット②:意外に話しやすい講師陣

講師によってばらつきはあるものの、全体的に初め思っていたよりも話やすいと思いました。

 

しっかりと相手にあった英語のレベルの質問を投げかけてくれ、会話の流れがしっかり組まれていることもあり、話題が尽きない英会話が楽しめると思います。

 

メリット③:話すスピードや内容を生徒ごとに調整して

      もらえる

英会話を実施する前に、必ず毎度アンケートを提出します。その内容は話すスピードや

話したいことに関してで、自分のしたいようにお願いすることができます

 

そして会話中もこんなことを話したいとお願いすれば、割と希望通りに進めてくれます。

 

デメリット①:講師の英語のレベルにばらつきがある

これはセービスにもよることで、なぜなら英語圏の先生の方が当然英語は上手だからです。

 

こういったサービスの講師には様々な国籍の方がいて、純英語圏の方ばかりではありません。特に格安を謳っているサービスの講師陣は、フィリピン人が多い印象です。

 

ただし純英語圏の講師しかいないサービスも存在するので、綺麗な発音を学びたい人はそういったものを利用されると良いでしょう。

 

デメリット②:料金が高い *ただし安いサービスも存在する

私が利用しているBTは月に12000円程度で他のサービスと比べると少し割高です。

 

これはデメリット①で説明した話の延長線上にあることなのですが、BTの講師陣には純英語圏も結構います。なので人件費がよりかかっている分、どうしても費用が多めにかかってしまっているのです。

 

例えば私が以前利用していた、フィリピン人が8割をしめるような所だと、月4500円程度で利用できました。

 

留学でも同じなのですが、初めは格安の会社を利用して、慣れてきたらしっかりした発音を身につけるために、英語圏の講師に教わる流れでも良いかもしれませんね。

 

まとめ

1週間オンライン英会話を利用してみて、気づいたことをお話ししましたが、これからも利用していくつもりなので、また継続していくうちに変化や面白いことがあれば、随時報告していこうと思います

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。